症状別メニュー

ぎっくり腰

重いものを持った時など、ちょっとしたきかっけで激しい痛みを伴うぎっくり腰。
正式には「急性腰痛症」という病名がついており、保険による治療の対象となります。
ぎっくり腰になる原因は様々で、仙腸関節を損傷している場合は特に強い痛みが発生して立てないことともあります。また、腰椎の損傷によってぎっくり腰になった場合は、腰から背中にかけて痛みが生じます。
いずれにせよ、普段から同じ姿勢を続けている、腰に大きな負荷をかけ続けているといったことが、ぎっくり腰の引き金となりますので、定期的に腰のケアをしてぎっくり腰の予防をすることも忘れないようにしましょう。

慢性的な腰痛

デスクワークで座りっぱなしの方も、重労働をしている方も悩んでいるのが慢性的な腰痛です。
多くの場合は腰周りの骨や筋肉の疲労が原因となって腰痛を引き起こしていますが、場合によっては骨が曲がっていることや、内臓疾患がある場合もあります。まずはどのような原因で腰痛が発生しているのかを見極め、適切な治療を受けることが重要です。

場合によっては病院で胃や腎臓の治療を受ける必要がある場合もあります。ご自身で判断したり、痛みを抑える表面的な処置をしたりせずに、まずは当院へご相談にいらしてください。

首の痛み・肩こり

首周りの筋肉は、頭を支えるために常時働いており、周囲の血液の流れが悪くなると筋肉が酸欠状態になり、乳酸などの老廃物が溜まって「痛み」や「こり」の原因となります。
また、場合によっては痛みが出ることもあります。特にデスクワークなどで筋肉の緊張状態が続くと血流が悪くなってしまいますので、時々肩や首を動かして、血行を改善してあげるようにしましょう。

膝の痛み

膝関節は体重のほとんどを支えているため負荷がかかり続けています。
周囲の大腿骨やふくらはぎの筋肉で関節をサポートしていますが、加齢によってこれらの機能が衰えると関節への負担がさらに増して痛みが発生します。

その後は関節に挟まっている軟骨がすり減っていき、さらに大きな痛みを引き起こしたり、膝に水が溜まったりすることもあります。膝の痛みがあると、生活に大きな支障が出てQOLを一気に下げてしまう可能性が高いため、早めに運動機能訓練などの治療を受けるようにしましょう。

スポーツ外傷

当院では、スポーツによるケガや故障の治療も行っています。
野球肩やテニス肘など、スポーツの種目ごとに壊しやすい箇所がありますので、大きな痛みが発生して長期治療を余儀なくされる前に、定期的に身体のケアをしておくのがお勧めです。

また、万が一ケガをしてしまった場合は、できるだけ早く、後遺症なく復帰できることを目指して治療をさせていただきます。近々、大事な試合などが控えている方は、テーピングで固定して可能な限り出場できるよう処置しますので、ご相談ください。

雪谷鍼灸整骨院 TEL:03-3748-1150 雪谷鍼灸整骨院 TEL:03-3748-1150
料金案内 おすすめメニュー 訪問診療 交通事故治療 お得なメール会員
ブログ 患者様のお声 WEB予約 系列店掲載サイト
エキテン 口コミを投稿する